愛犬などペットから感染する病気の予防について

愛犬などペットから感染する病気の予防について

先日、日経メディカル電子版を見ていた際に、興味深い記事を読みました。

子犬との接触歴がある人にカンピロバクター ジェジュニが感染

記事は、米国疾病予防管理センター(CDC)の研究員によるある調査結果が今年9月に米国医師会が発刊する医学雑誌にて報告されましたとのことで、その内容は、米国における調査で、超多剤耐性カンピロバクター ジェジュニ(Campylobacter Jejuni)感染経路として、近年「子犬」が大きな役割を果たしているというものです。

カンピロバクター胃腸炎は火を十分に通していない鶏肉を食べると胃腸炎を起こす事でご存じの方も多いと思います。

カンピロバクター胃腸炎の原因菌は9割がカンピロバクター ジェジュニ(Campylobacter jejuni )で、残りはカンピロバクター コリ(Campylobacter coli )だと言われています。

記事によると、米国では、下痢の原因として最も多いのがカンピロバクターで、年間に150万人が発症し、うち45万人から薬剤耐性菌が検出されているとのこと。食中毒起因菌に指定されて以来、食中毒事例数においてサルモネラ、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌に次ぐ発生頻度を示しているそうです。

さらに記事では以下のように書かれていました。20178月、フロリダ州保健局はカンピロバクター ジェジュニ感染者6人について報告を受けた、その患者たちを調べたところ、オハイオ州を本拠地とするペットショップチェーンの複数の店舗で販売されていた子犬との接触歴があった。フロリダ州で子犬から分離された細菌の全ゲノムシーケンシング(WGS)の結果は、オハイオ州でそのペットショップから子犬を購入した後にカンピロバクター ジェジュニに感染した患者から分離された菌の遺伝子と高い関連性を示した。この結果を受けて、CDCは連邦と州の協力者と共に、ペットショップの子犬と関連づけられるカンピロバクター ジェジュニ感染症に関する調査を全米で開始したとなっています。

詳細を見たい方はこちら↓
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/202110/572205.html

記事では、超多剤耐性カンピロバクター ジェジュニの系統が、少なくとも2011年から米国内で循環しており、ペットショップを訪れる客の発症に関係していた。米国で臨床医が、カンピロバクター感染者を治療する場合、特に通常の抗菌薬で症状が改善しない患者には、子犬との接触歴を質問すべきであり、ペット業界は超多剤耐性カンピロバクター ジェジュニの子犬から人への感染を予防するための対策を講じる必要があると結論しています。

耐性菌の消滅や減衰も認められているTiC(炭化チタンセラミックス)

そもそもカンピロバクターは家畜や家禽、ペット(イヌ、ネコなど)の腸管内に広く分布していて、これらの動物の排泄物により汚染された食品や水を介して人に感染することは知られており、人が罹ると抗生物質が効かないので、犬を飼っているご家庭では、人の予防に加え、犬側で除菌する必要性もあると感じます。

過去の「犬のオーラルケアに関する記事」ではTiCを留置又は、混濁した水は飲める抗菌水という事をお伝えしましたが、同時にTiCは様々な耐性菌の消滅や減衰も認められています。

消滅・減衰が確認された菌類とウィルス類

細菌類・菌類 (Bacteria & Fungi)

大腸菌 E.coli
サルモネラ菌 Salmonella
緑膿菌 Pseudomonas
黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus
レジオネラ菌 Legionella
黒麹カビ Black aspergillus
病原性大腸菌 O-157 O-157
赤痢菌 Shigella sonnet IID 969
ピロリ菌 Helicobacter pylori
カンピロバクター菌 Campylobacteriosis
チフス菌 Typhus
クレブシエラ Klebsiella pneumoniae
メスチリン耐性黄色ブドウ球菌 MRSA
結核菌 Mycobacterium tuberculosis
バンコマイシン耐性腸球菌 VRE VRE
リステリア Listeria
カンディダ Candida

 

ウィルス類 (Viruses)

インフルエンザ Influenza
HIV HIV
急性灰白髄炎 Poliovirus
ヘルペスウィルス Herpesviridae
ロタウィルス Rotavirus

 

日頃より愛犬の飲料水の中に、TiCを留置又は、混濁させておくことで、無意識のうちに様々な耐性菌も無くなります。

 

関連記事:
愛犬の口臭が気になる方へ!口が臭くなる原因とは?飲むだけでオーラルケアができる方法とは?

【犬のオーラルケア】飲むだけで口臭や歯周病予防に効果的な炭化チタンペレットの抗菌力の凄さを解説!

犬の口臭対策に効果的な炭化チタンペレットの驚きの消臭力とは!?【オーラルケア】

 

Foodie Dogs TOKYOでは、飲むだけで⻭周病や口臭予防に効果的な「飲める抗菌水」を生み出す「Ab PELLET for Oral Care」を販売しております、是非一度、愛犬家の皆さんにもお試し頂ければと思っています。

商品のご購入はこちら


人気記事をご紹介

日本語
x