猪肉のドッグフードって良いの?メリットとデメリットも解説

猪肉のドッグフードって良いの?メリットとデメリットも解説

猪肉といえばドッグフードで見掛けることがある原材料の1つですが、栄養・健康にメリットがあるといわれています。

猪肉は鹿や熊などと並ぶいわゆるジビエの一種で、犬に必要な栄養素がたくさん含まれていますので、詳しく紹介していきます。

猪肉の特徴は?

猪肉は筋肉の材料となるたんぱく質が豊富で、ビタミンBも多く含まれていることが魅力だといえます。ちなみにビタミンBは疲労回復や皮膚の保護、新陳代謝などに関係している栄養素ですから、不足しないように摂取することが大切です。

猪肉はイメージ的に獣臭くて脂っぽいと思われがちですが、臭いについては加工によるところが大きいです。

猪肉はヘルシー?

猪イメージ


猪肉は、豚肉や牛肉と比べて脂質は少ない一方、タンパク質は多いという点でヘルシーだといえます。さらに血液を構成する重要な成分である鉄分も豚肉や牛肉と比べると高いという特徴があります。
中でも大自然を駆け回って育った天然の猪肉は、家畜とは違い多くの運動量があるため、脂肪が少なく格段に栄養価が高いと言われています。

また、DHAやEPAを豊富に含んでおり、継続的に猪肉を与えると、良好な毛並みの変化や悪玉コレステロールの減少、アレルギー発症や予防にも効果が見て取れ、栄養素が豊富で犬に必要なものが与えられるスーパーフードといっても良い食材と言えます。

デメリットもある?

上述のようにメリットが充実している猪肉ですが、実はデメリットもあります。その1つが一度に沢山与えすぎたことで起こる下痢症状です。
これは、人間でも同様で高たんぱくの猪肉や鹿肉を食べ過ぎると、腸内のたんぱく質濃度が濃くなるために、バランスを取ろうとする水分が溜まり、下痢を引き起こすという症状です。

ワンちゃんが好む独特な臭いの為か、猪肉に大喜びをするワンちゃんが多く、さらには栄養素・栄養価共に高いことから飼い主さんも多くの量を与えげ過ぎてしまいがちですが、一度に多くの量を与えるのではく、ワンちゃんの便ぼ状態を観察しながらに、適度な量を与えることが望ましいです。

特に、胃腸の機能が衰えている高齢の犬に与えた場合に、下痢をする可能性が高いので注意することをおすすめします。

ドッグフードとして総合的には良い

猪肉のおやつ


どれくらいならお腹を壊さずに食べられるかは、犬によって違いますから、少しずつ量を増やして様子を見るのが良いでしょう。

また、免疫を上げる効果もある一方、ワンちゃんによっては猪肉そのものにアレルギーを持っていることがあるので、はじめて与える際には少しづつ様子を見ながら行う事が重要です。

たんぱく質が豊富な分、腎臓が弱い犬には負担になりますから、腎臓疾患を抱えている場合も注意が必要となります。
当然ですが沢山与えればエネルギー過多になってしまうので、与え過ぎないように気をつけたいところです。

生肉は厳禁!

生肉には寄生虫や様々な病原菌が含まれていますから、必ず加熱してあるものを与えることが重要です。

ジビエ肉はスーパーなどで頻繁に手に入るものではないですが、何がしかの手段で生肉を入手された場合は、消毒した器具を使用して調理を行い、必ず加熱して食べさせることで回避出来ます。

美味しく・安全な猪肉をお試しください

Foodie Dogs TOKYOで販売させて頂いている「猪肉のおやつ(すね100%)」「猪肉のおやつ(ロース・モモMIX)」は、熊本県内で鳥獣被害対策で捕獲された猪を、熟練の技術で血抜き、精肉し、人食と同様の食品品質管理基準の下でジャーキーとして製造した商品です。大自然で育った天然の猪肉の美味しさを味あわって頂けると同時に、栄養も存分に摂る事が出来る、超人気商品です。

詳しくはこちら>

 


人気記事をご紹介

LINE友達追加
x

日本語