犬の寿命は年々延びている!愛犬と少しでも一緒にいるための秘訣とは?【長生きするために】

犬の寿命は年々延びている!愛犬と少しでも一緒にいるための秘訣とは?【長生きするために】

飼い主さんなら、愛犬といつまでもずっと一緒にいたいと思うのではないでしょうか?しかし、残念ながら人間より犬の寿命が短いのはどうにもすることはできません。少しでも、愛犬が健康で長生きするためにはどうしたら良いのでしょうか。犬の寿命と長生きする秘訣をご紹介します。

そもそも犬の寿命はどのぐらい?

そもそも犬の寿命はどのぐらい?

引用:令和3年 全国犬猫飼育実態調査 主要指標 時系列サマリー 犬猫 平均寿命の推移

一般社団法人ペットフード協会の「令和3年 全国犬猫飼育実態調査」によると、2021年の犬の平均寿命は、14.65歳となっています。2010年以降年々延びており、2010年と2021年を比較すると約0.78歳も延びていることがわかります。犬の寿命が延びたのは、室内飼育が増えたことによる飼育環境の変化が大きく影響していると言われています。

愛犬に少しでも長生きしてもらう秘訣とは?

①適度な運動

長生きの秘訣として、人間の場合よく適度な運動と言いますが、犬も同じように適度な運動が重要です。犬の運動=お散歩と思いがちですが、室内での遊びも立派な運動です。雨の日が続き、中々お散歩に行けない日が続いたときは、時間を取って室内で沢山遊ぶようにしましょう。また、お散歩は運動の役割だけでなく、外の空気を感じたり、においを嗅ぐことで様々な刺激になり、ストレス発散にも繋がります。

愛犬に少しでも長生きしてもらう秘訣とは?

②定期検診を受けるようにする

どんなに愛犬のことをしっかり観察していたとしても、飼い主さんでは、無症状で気が付かない病気もあります。年に1回の予防接種の際に動物病院に行くことはあっても、その他は何か愛犬に異変があった時しか行かないという飼い主さんも多いのではないでしょうか。人間とは違い、愛犬は言葉を発することが出来ません。愛犬の異常を早期発見するためにも、1年に1回の定期検診を受けることが重要です。

②定期検診を受けるようにする

③愛犬にあった食事を与える

よく愛犬がおねだりをするからといって、人間の食事を与える方がいますが、心を鬼にして与えないようにしましょう。人間の食事は塩分も糖分も沢山含まれており、様々な疾患を引き起こす原因になります。少しだけなら大丈夫だろうと思うかもしれませんが、犬はとても賢い動物です。一度人間の食事を食べてしまうと、味を覚えて毎回おねだりすることとなり、悪循環となってしまいます。

犬用の食事といえば、ドッグフードがすぐ思い浮かぶかもしれませんが、裏面に記載されている成分も確認してみましょう。比較的プレミアムドッグフードと呼ばれているものは、素材にこだわり添加物が最小限に抑えられていると言われていますが、現在プレミアムドッグフードの明確な基準はないため、愛犬の食いつきの良さや好みに合わせて選んで、いつも美味しいと思ってもらえる食事を与えることも重要です。

愛犬にあった食事を与える

Foodie Dogs TOKYOでは、真のヒューマングレードを追求した100%国産のドッグフードを提供しています。総合栄養食である大自然で育った鹿の肉ごはんは、熊本の大自然で育った鹿の肉と国産野菜6種類を使用したプレミアムドッグフード。幼犬から老犬までオールステージに対応しており、途中で食事を切り替える必要がありません。愛犬が気に入ったら、ずっと食べていただけますよ。

 

まとめ

今回は犬の寿命と、長生きの秘訣についてお伝えしました。犬の平均寿命は犬種によっても変わってきますが、確実に延びています。一秒でも愛犬と長くいられるよう、3つのポイントを参考にし、愛犬との日々を大切にしながら過ごしてくださいね。

商品のご購入はこちら


人気記事をご紹介

LINE友達追加
x

日本語