寒いときも犬は散歩が必要なの?犬が寒いときに見せるサインと冬散歩をする際の寒さ対策をご紹介

寒いときも犬は散歩が必要なの?犬が寒いときに見せるサインと冬散歩をする際の寒さ対策をご紹介

急に秋が深まり、段々と寒さが厳しくなってきました。犬は比較的寒さに強いと言われていますが、あまりにも気温が低いと散歩自体が犬の負担になってしまうこともあります。犬が寒いときに見せるサインや、冬散歩をする際の寒さ対策をご紹介します。

犬は寒さに強いの?

犬は寒さに強いの?

「犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる」という歌詞にもあるように、比較的寒さに強い動物で、冬の低い温度でも活動的な犬種が多く、一般的には夏よりも冬の方が得意と言われています。「こんな寒い日に散歩しても大丈夫なの?」と心配になる飼い主さんもいますが、基本的にはそのような心配はいりません。ストレスをためないためにも、散歩は適度にするようにしましょう。しかし、中には寒さに弱いとされている犬種もいますので、注意が必要です。

寒さに弱いとされている犬とは?

寒さに弱いとされている犬とは?

暑い地域が原産の犬種や小型犬、被毛が一層しかないシングルコートの犬、短毛種の犬や、体温調節が上手にできない幼犬や老犬は寒さに弱いとされています。

例:チワワ、マルチーズ、ミニチュアダックスフンド、ヨークシャテリア、パピヨン、ミニチュアピンシャー、トイプードルなど

犬が寒いときに見せるサイン

犬が寒いときに見せるサイン

愛犬が次のような仕草や行動をするときは、寒がっているサインですので防寒対策をしましょう。

・体を丸くして動かない

小刻みにブルブルと震えている

散歩に行きたがらない

水の摂取量が減る

など

冬の散歩の寒さ対策とは?

冬の散歩の寒さ対策とは?

愛犬を散歩させるときの寒さ対策としてできることの一つは、服装に気を配ることです。

最近は犬用のダウンコートやセーターなど、おしゃれで機能性の高い服も増えてきています。防寒着を着せてあげれば、家の中と外との温度差による体の負担を軽減できます。

また、雨が降っているときは、レインコートを着用させることで、体が濡れて体温が奪われてしまうのを防げます。帰宅後は、愛犬の足や耳の先、しっぽなどを触って、冷たくなっている場合は、温かいタオルなどで温めてあげる等のケアもすると良いでしょう。

 

冬の愛犬の散歩は、負担がかからないように防寒着を着せ、帰宅後はきちんとケアをし、愛犬が快適に散歩ができるよう工夫をしてあげてみてください。


人気記事をご紹介

日本語
x